恨み節

最近、自分の存在価値を疑ってます。というのも、家の前で中学生男子三人が遊んでるからです。青春謳歌しやがって!!お前ら、女の子にでも振られていろっ!!とニートは思うのでした。