読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜霧

日記

 土曜の夜というか日曜の早朝3時から4時ぐらいは、町の中が霧に包まれてた。部屋が暑いのでちょっと涼みに外に出たら、久々に見る濃霧だったので散歩し始めた。50m先ぐらいまでしか見えないぐらい濃い霧。実家では見た事無いから、海が近い証拠なのかもしれない。この町のどこにいても見える高層マンションがかすんでしまって、町の様子が普段とは全然違って、ありとあらゆるもののテクスチャーが変わってた。特に鉄道の信号機が照らす光が霧に伸びているのがきれいで、見れて良かった。
 車が正面から来ると、柔らかな光が徐々に近づいて仕舞いにはそれに取り囲まれる、というような不思議な体験になった。あんまりにも楽しくて楽しくてしょうがなかった。
 デジカメが壊れたままだったのがとても悔しかったけど、きっとこれは5感をフルに使った体験なので記録のしようがないんだろうね。