読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterが日記だった

はてなダイアリーに未だにしがみついて、未だに殆どの記事に日記タグをつけてるにも関わらず、本来の意味での日記の役目はTwitterに持っていかれていたことに気づいた。仕事関係で後から正確な日付が欲しいということがしばしばあり、そんなとき自分のTwitterのログを探せば大体それ自体の記述は無くても、それがあった日が分かってしまうのである。
考えてみれば、今何をしている?と聞いてきたTwitterがブログのようなパブリッシュというある種出版的な概念があるものよりも日記的であるというのは当たり前だ。しかし、本人的には日記という意識がない状態で、使っていて実質的に日記であるというのが面白い。レコーディングダイエットとかも料理の写真を撮ることでグルメ日記なんかになっていくということかもしれない。
まぁTwitterが日常になって以降、ここでの日記は随筆とかエッセイと言えるものになっていったのだが、なんでそう言い換えてないかというと、どうもそれらの2つの言葉が好きではないし*1、記事自体も大体その日考えたことという意味での日記だからいいかなって思ってた。

*1:妙に気取ってるよね?