読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山の倒し方

直近でひとつの大きな山があって、そこまでがんばる!ってしてたんだけど、それ以外にもすぐ山があり、結構山々な感じで生きてた。がんばるので誰とも遊ばず連絡せずに生きていたらやたら辛くなってしまった。どこどこいこーみたいな風にしか連絡しないタイプなので、山があると越えてからじゃないと予定を確定出来ないから、連絡を躊躇してしまう。その結果辛くなるんだから世話がない。
ひとつの山は超えたし、辛かったので、昨日色んなひとに連絡したら、今日は連絡してないひとからもワサワサ連絡が来て連絡しかしていない。半分以上仕事の話なんだけど、嬉しいものである。
という感じで、もうひとつの山に対して頑張れる気がしてきた。辛い山って集中しないといけないけど辛いからこそ、それ以外の線を意識的に確保しておく、具体的には事前に遊びの予定をいれておくと良いのかもしれない。