読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活と敬語

就活敬語が存在する。やったら丁寧でまわりくどい敬語。そんなフレーズ今までの人生で聞いた事ねぇよって突っ込みたくなる敬語を説明会でよく耳にした。きっと就活のマナーセミナーとかが世の中には存在していて、そこで教わってくるのだと思う。そこまではいいのだけど、そこで教わった学生の言動を見て、他の学生が真似ることで就活敬語は広まってしまったんだろう。さっき書いたように就活は恐怖駆動型なので、他人がより丁寧な敬語を使っているならそのレベルよりも下の敬語を使うと失点になる可能性を考えてしまう。その可能性はほぼゼロだけど、そこに可能性を感じた時点で恐怖の勝ち。そのために敬語はやたら丁寧になっていくという構造的問題になっている。
時間の無駄だし、コミュニケーション的にも無駄が多いのでマジFxxkなんですけどね。