喫茶店バージョン1.5としてのコメダ

コメダが47都道府県に進出(2019年)し名実ともに全国区になって5年くらい経った。コメダと言えばスガキヤと雌雄を成す東海地方ローカルチェーンだったのが、もはや置いてきぼりだ。味噌カツがキャズムを超えたように、コメダもフォッサマグナと関ヶ原という地峡≒キャズムを超えたわけだ。海峡もか。
kuma.hateblo.jp

コメダの全国進出が加速したのは、グローバルな資本主義のお陰で、2回の投資ファンドへの売却(2008年アドバンテッジ パートナーズ、2013年MBKパートナーズ)が鍵になっている。スタバの日本進出が1996年、そして2000年に名古屋進出を果たしている。それとちょうど刺し違えるかのように、コメダは2003年に関東進出をこっそり果たしている。

90年代とゼロ年代の前半を名古屋で過ごした後に関東に来たのだが、当時、コメダは名古屋に詳しい人しか知らないローカルチェーンだった。露悪的に言うなら奇妙な風習(モーニング)が残るダサい土地のビジネス。立地も郊外、ログハウス風の外見と内装は時代遅れ、飲食物の見た目もオシャレとは言えない。しかし、その価値は進出直後から知れ渡っていて、タクシーに乗ったら運転手に「ここの喫茶店、朝だとトーストが無料でついてくるんですよ!」と言われるも、名古屋出身の友達と乗っていたので苦笑いすることに。

名古屋の喫茶店文化

こういう章の建て方をすると、モーニングがあって、リビングの代わりで、みたいな論調になるのだが、まぁそれはもういいと思うのでどういう風に名古屋で喫茶店が建っていて、どういう認知をされ、どう使われているか?を書こうと思う。

まず、立地からして関東と違う。2024年現在、東京の街もカフェ激戦地になったが、名古屋は昔から町中も当然カフェ激戦地であった。名古屋一の繁華街、栄にはオアシス21という謎の立体公園があるが、ここにはカフェ・ド・クリエ(名古屋に本社があるポッカがやっていた)、カフェヴィゴーレ(かつてはイタリアントマトだったような……?系列は同じ)、スタバと、3店舗セルフスタイルの喫茶店があり、この3つは老舗でゼロ年代前半からずっとあるはずだ。さらに倉式珈琲店(サンマルク系列)があとから開業している。ちなみにそのどれもがゼロ年代の頃*1から休日は満席の様相だった。店舗の間に無料のイスとテーブルも置かれていてマクドナルドもある上で、だ。

立地で最も関東と異なるのは、住宅街の喫茶店である。東京の世田谷を歩いていて名古屋人が驚くのは、住宅街に家しかないことである。正確に言うなら農家や酒屋は見かけるが喫茶店がない。名古屋では、郊外の住宅地にも喫茶店がある。住宅地の中の大通りには広い区画に1階に喫茶店を備えたデカい家があり、駐車場は数台で、そのうち2台は店主家族の車が止まっている。全人類がビルを持って1階でカフェを開きて〜と実は思っているらしいが、名古屋人は成功すると*2このような喫茶店付きの家を立てて夢を叶える*3。店主こだわりの器*4がカウンターの後ろに並んでいて、頼めばそれを使わせてくれる。そういう喫茶店が自分の家から徒歩圏内で数店舗あり、そのうちの半分は営業していない。店主の趣味だからだ。そのため、名古屋の喫茶店は営業中であることを示す必要があり、パトランプを利用している*5

愛知あるある〜喫茶店の看板のヒミツ〜 | KOICHIRO COFFEEのカフェ日記

徒歩圏内と言ったが、やはり行くのは車である。名古屋には喫茶店のローカルチェーンがたくさんあり、大きくは都心型と郊外型に分けられる。都心型はこれまた名古屋の象徴、地下街に出店していたりする。一方で郊外型は、住宅街の近くだが、もう少し大きな幹線道路沿いにできる。ファミレスの立地に近いが、ファミレスほど町中には出来ない印象がある。大きな交差点と交差点の間のなにもない空間にできがちである。これが一番見かけるコメダの系統だ。ちなみにコメダは都心型のどちらとも対応出来ていて、マンションの1階に入る小型店とかもある。名古屋という都会と郊外が近接して混ざっている土地が、様々な物件への展開を可能にさせたのだろう。

話を戻して、このような郊外型チェーンと家賃のかからない喫茶店などが、車からだとざっと10店舗以上選択肢にある中で暮らしているのが名古屋人である。同じエリアでおそらくコンビニのほうが少ない。種類も豊富で、コメダのような新大陸風から、クラシックな西洋風、洒落っ気のある西海岸風、和風までなんでもござれである。たぶんイタリアのバル風ぐらいしかないものはないのではないか?今はすでにありそうだけど。

我が家族は土曜日の朝は喫茶店に行っていた。気分によって変えるのである。喫茶店に行って、各々好きな新聞や雑誌を読み、帰って来る。ブランチにするときもある。これまた気分によって変えるのである。スタバが進出してきたころに散々喧伝されたサードプレイスという概念を、名古屋人はご近所に持っていたのである。たぶん昭和の頃から。初めて友達と子供だけで行った飲食店も、ファミレスやカラオケでもなく喫茶店だった。

喫茶店によってはそこそこ夜もやってることがある。晩ごはんがいらない家族が多いときは喫茶店で済ませたりもしていた。住宅街での軽食提供は、実はこの高齢化社会に適していたらしく、最近はご飯を作るのがしんどい高齢者たちが喫茶店で済ませるという話を聞く。

郊外型喫茶店としての最強チェーン、コメダ

郊外型喫茶店が家賃のかからない味を提供する店に囲まれつつ、名古屋で洗練されていった*6中で、コメダが最強になったのは、シロノワールや靴型のアイスコーヒー、ミックスジュースなど、子供にも受ける全年齢対応というところと、ここはブルーオーシャンだと投資してくれたファンドのおかげだろう。

その頃から、コメダはユニークで面白いビジネスモデルの企業だと感じていました。

 具体的には他のコーヒーチェーンがセルフサービスでオフィス街を中心に展開しているのに対して、コメダは(昔ながらの客席まで運ぶ)フルサービスを提供し、主に住宅地に出店していた点です
コメダ上場、投資ファンド幹部が語る支援の内幕:日経ビジネス電子版

あとたぶんちょうど進出する時期が分煙や禁煙の境目で、全席喫煙可能のお店がオープンすることもなかったであろうことは、既存の郊外型喫茶店に対してアドバンテージがあったのではないか。

ライバルとしては、ドトールは親会社の日レスが「星乃珈琲店」という郊外型珈琲店業態を開発し追従し、ファミレス界最強のすかいらーくも「むさしの森珈琲」で参戦してきた。

東京と大阪以外はだいたい郊外か田舎なので、コメダの出店余地は無限にあったようだ。名古屋人からするとあって当然のものが他の地域にはなかったらしく、カンブリア宮殿で「全国で待望される喫茶店」と書かれていた。むしろなんでなかったの?マジで。みんなどこでお茶してたの????
個店主義に客が殺到! 全国制覇を実現させたコメダ珈琲店の新戦略:読んで分かる「カンブリア宮殿」 | テレビ東京・BSテレ東の読んで見て感じるメディア テレ東プラス

ところで、都心の話だが、コメダの1000店目がジョナサンの跡地であったことは、名古屋が東京に文化勝利したみたいで面白い。散々馬鹿にしてきた*7のに、結局ちょっとダサい実家みたいな落ち着ける空間っていいんかい!みたいな。
コメダ珈琲、1000店舗目は新橋 クイズで分かる大増殖の道のり:日経クロストレンド

これまたちょうどレトロブームが来たのも追い風だったのかも。神保町にわざわざ遊びに来る大学生(現地のキャンパスへの通学者ではない)溢れてるからね。

都心のフルサービス喫茶店という第二のブルーオーシャン

そのまま、都心の話をする。都心型店舗はコメダの最新のイノベーションだろう。コメダにカウンター席あるんだ!って思いましたよほんと。名古屋人としては都心にコメダの新店舗があるのが違和感すぎて、最初近寄れなかったからね。怪しい商売している人が多すぎるルノワールとも異なる雰囲気で、スタバは席取って注文する流れダルいなと思っている人々に直撃した感じはある。

コメダは喫茶店バージョン1.5説

ところで、1968年創業のコメダは、いわゆるサードウェーブ珈琲理論ではファーストウェーブにあたる。1996年のスタバ日本進出がセカンドウェーブ、2015年のブルーボトル日本進出がサードウェーブである。

ところで、今まで書いたコメダの特徴のうち、フルサービスの喫茶であること以外は実はファーストウェーブに当てはまらない要素がある。つまり郊外型というフォームそれ自体と、全年齢向けの店構え、都心型としてセカンドウェーブの利点(非喫煙&PC作業のしやすさ)を取り込んだ点である。

なのでフォースウェーブと安直に言ってもいいのだが、あえてファーストウェーブのバージョンアップということで1.5でどうだろうか?ワンポイントファイブウェーブコーヒー、コメダ。長いな。

おわりに

故郷で味わっていた厚生が得られたのは資本主義のおかげ。素晴らしいイノベーションも、広げる意思がなければ広がらない。特に喫茶店やカフェはそうだろう。とはいえそれは未来からの視線。シンガポールの投資ファンドが出資、と聞いたときの不安な気持ちを16年ぶりに思い出し、振り返ってみたらものの見事に良い意味で裏切られたので良かったです。

*1:90年代は子供すぎて繁華街出てないから知らない

*2:トヨタは失われた30年で売上高が10兆円から40兆円くらいになった。どういうこと?

*3:土地も物価も安いし

*4:東海地方は言わずと知れた陶磁器の世界的産地である

*5:嘘です。あとココイチは黄色い電球群が看板を取り囲んで光っていた

*6:今も郊外型チェーンが拡大しているようなので最中っぽいが

*7:ちなみにこの感覚は若い人(20代以下)にはもうないらしい

味噌カツがキャズムを超えた

先日「とんかつ和幸」に行ってきた。メニューを見ると味噌だれが存在していた。

和幸のPDFメニューに大根おろしと同格で存在する味噌だれ。しかし画質悪すぎる

https://wako-group.co.jp/wp/wp-content/uploads/2023/03/35isetankaikan.pdf より

和幸といえば、オーセンティックなザとんかつと思ってたので、味噌カツとは距離をおいているんだろうと思っていた。しかし、これがあれば和幸のすべてのメニューを味噌カツにできてしまう……!

和幸にトッピングとして定番化しているなら、これはつまり名古屋めしであった味噌カツが、日本料理の枠に入ったのではないか?キャズム理論で考えると名古屋人というアーリーアダプターを超えて、日本人というメインストリームに受け入れられたということである。

インターネット上の情報を総合して時系列を整理するとこんな感じ。

  1. 2010年代のどこかで名古屋店で販売されていた味噌カツが存在
  2. 2018年には裏メニューとして味噌だれが販売開始
  3. 2021年には公式メニューになっていた

とんかつ和幸裏メニュー「味噌だれ」 | 裏メニュー.com

名古屋めしが日本料理になった瞬間を目撃できた気がする。iPhoneがキャズムを超えた瞬間並に感慨深い。しかし和幸には味噌カツを求めてなかったのでまだ食べてないんだけどね。

【今更寄稿】プラ引き出し界最高峰のフィッツユニットをオススメする

コロナ渦が始まった4年前、こんなツイートをしていた。


↓つづきのツイート

②引き出しの引っ掛かり部を引き出し側につけておくことで布製品にありがちな引っかかりを防止(当たり前のようだが無印は本体上部の突起で引っ掛けるのでそこに衣類が挟まりがち)
③たわみが起きる場所もあるが引き出しの動きが阻害されない場所のみで適切な強度を確保


④引き出し内寸横幅は無印よりも小さくてスペース効率は悪いが、恐らく強度確保のため。完全にスペースよりも使い勝手に振った設計
⑤引き出しを閉めると最後の部分で引き出しが下に落ちてしっかり閉まりめちゃくちゃ気持ちが良い。なんなのこれ???


以上により使い勝手悪くてシーズンオフ衣料入れだったベッド下収納が、めちゃくちゃ使い勝手良くなって毎日開け閉めしたくなる収納になってしまい、もう一生天馬についていくしかないという気持ちになりました


そうしたら去年、id:muchonovさんから三年越しのリプが来た。


この時、ちょうどフィッツユニットに新色ホワイトが追加された。しかも蓋部分が不透明になった……!すかさずお伝えしたところ、無事以下のような結果に。


もうこれは「はてなーのお墨付き」というシールが貼れる商品である。

本当に他よりいいの?

参考記事としては商業メディアの記事をあげると、比較で有名な360lifeでもやっぱりナンバーワン。⑤に上げた部分を実現するカーブを取り上げてるね。さすがである。
360life.shinyusha.co.jp


ツイートでも比較した無印の引き出し上部はこんな感じ。ここに服が挟まるんだな〜。


お試しするには?

フィッツユニットの素晴らしい部分は冒頭のツイート群に書いたのだが、やはり実際に使って感じてほしい。フィッツユニットは、基本ホームセンターに売ってる商品、ニトリでも取り扱ってるので、ホームセンターかニトリにGO!ニトリの場合、すごく安いプラケースも扱っていて、その性能差は激しいのでオススメプレイスである。

試すときは、カバンや上着を持っていって荷物が入ってる状態での開け閉めを試そう。ペットボトルとかの飲み物買って重量を出すのも良い。プラチェストに入れるアイテムナンバーワンの「服」は、密度は軽いものの容積パンパンにしていくと重さも出てくる。カバンにペットボトル入れたりして試すとかなり現実の利用状況に近くなるはずだ。重いもの、嵩張るものを入れるとフィッツユニットの真価が見えてくるはず。ぜひ試して比較して感動してほしい。

おわりに


ここから4年経った今も大満足。不具合ゼロ。ものぐさな結果長期レビューにもなっとるな笑

クローゼットや押し入れ、そしてベッド下収納にはフィッツユニットを。特に毎日使ってる!って人はぜひ。でも衣替えでしか使わない人にもやっぱりオススメするかな。ただでさえやる気が起きない衣替えのストレスを減らしてくれるので。

ちなみに天馬って?

フィッツユニットを作っている天馬は、プラ収納界の王者。こんくらいのサイズのプラ収納ないかな〜と思ったら大体作ってるのが天馬*1。しかも最高のクオリティで。toC向けのプラといえば、アイリスオーヤマ、リス(無印にOEM供給)、JEJアステージ、サンカあたりの会社があるが、天馬はひとつ抜けてる印象がある。でもなんかプラにこだわりあるわけではないみたいで、ステンレスのめっちゃかっこいい物干しを出してきたりするので謎。

*1:たまにないサイズがあって困ってる

【緊急寄稿】今どきのロボット掃除機を買ったら良かった

ロボット掃除機について複数件相談に乗ったので緊急寄稿。

今まで拭き掃除専用のブラーバを使ってた。いわゆるバキューム型のロボット掃除機はデカくて導入しようにもしようがなかったから負の選択としてブラーバだったんだね。

僕の部屋は結構家具が多い家で、それをなんとか東京の一人暮らし向け狭小住宅にまとめてるもんだから、友達からはキッチンなんかはコクピットみたいと言われるくらいスペース効率を重視してる。だから人があまり意識せずに通れる幅を通路にすると、通常サイズのロボット掃除機だと通れないことが多かった。

で、ブラーバ並に小さい掃除機「K10+」がスイッチボットから発売され、選択肢なく買ったんだけど、これが良かった。小さいこと以外は今ミドルレンジくらいに求められる機能すべて付いていて快適に使えている。

ゴミ収集ステーションを棚の下に入れ込むこともできるくらいコンパクト

ブラーバとの最大の違い、毎日使える

ブラーバにクイックルワイパーをつけて使ったのだけど、毎回取り替えるのがめんどくさいのだ。結局、週1くらいでしか使っていなかった。床がなんか埃っぽいなぁ、と思ってもやる気がないと起動出来ない。K10+だとボタンひとつで動き出して掃除をしてくれる。ホコリっぽいなと思ったら即押しである。夏はサンダル履きで外の汚れを持ち込みやすいけども、K10+だと毎日掃除してもボタンを押すだけ。本当に気軽に使っている。

洗濯乾燥機の乾燥機能を使って洗濯物をベッドの上に持ってきて畳む時、ホコリが出る。そんな時はアプリからK10+起動して吸ってもらっている。ベッドの上からホコリを床に払い落としてK10+に吸ってもらう寸法。

問題なく掃除を終わることができる基本性能

ボタンを押したら問題なく終了できる、というのは基本性能の高さを示している。部屋の地図マッピング機能、進入禁止エリアの設定、障害物回避、ルート選択などが優秀。

ロボット掃除機というのは、引っかかったり段差を落ちたりして止まるものなのだが、ロボット側の動作の修正と家側での修正がどこまで大きいかは、性能差として現れる。その点K10+は簡単な対策で対応可能だった。ブラーバだと吸い込まなかったUSBケーブルは、床に垂れないようにフックを追加することで対応した。ちなみに延長コードとかの電源ケーブルくらい太いと吸い込まない。

マッピング良い

ブラーバはマッピングがないものを使っていたので、しばしば拭き残しが発生していた。K10+ではマッピングが優秀で掃き残しが存在しないし、マップ上での移動記録も残るので、家具の移動等で掃除出来ないエリアが出来ても事後確認が可能なのだ。

黄色い部屋は廊下兼キッチン。その他はL字のワンルームで、右手の進入禁止エリアはベランダ

掃除パターンも明確で掃除中に蹴りにくいのも良いポイント。マッピングした部屋は自動で分割され、分割したエリアの輪郭をまずなぞってから、真ん中のゾーンを縦か横にパターンで移動していくという人間っぽい動きになっている。だから、予測が簡単。

掃除するエリアの順番も指定出来る。家事って一旦しだすとまとめてやる方なので、寝室ゾーンの掃除をさせている間にキッチンゾーンで流しを片付けたりその奥にある洗濯機を回したり、みたいな場所の交代制?的なことが出来てすごく助かる。

エリア指定掃除もまた良い機能。料理をするとキッチンの汚れって不可避。料理後にキッチンのみ掃除させたりする。これは今までマキタで吸ってたんだけど、ロボット掃除機でやれるならやらせるとめちゃくちゃ楽だった。

アプリからの掃除だと、家を出ていく時に動かしたりもする。音は結構するから自分が部屋にいない間にしてもらう方が良い。帰ってきた時の床が気持ち良いので最高。

欠点としては部屋の分割を手動で変えたりできるんだけど、勝手に変わることが多く微妙。そこは手動でやらない方が良い。進入禁止エリアは自動で変わることないので、問題なし。

メンテナンスなど

K10+はゴミ収集ステーションなしモデルが存在しないので、不可避で付属のモデルを買った。去年の7月に届いて、今年の4月現在、実はまだゴミ収集ステーションの紙パックを交換していない。ズボラなのではなく単純にたまりきってないのだ。

ブラシの引っかかりとかゴミのケースがカラカラするとかでブラシやケースを掃除したりしたけど、それも今のところまだ一回しかない。ブラシ類は消耗品扱いで、アプリからそろそろ利用期限よ〜とか言われるんだけど、全然消耗してなくて、長すぎる糸が引っかかっているのを外してあげるくらいで良い状態。うちがきれいなのか?

ブラーバとクイックルワイパー運用との比較だと毎回捨てる必要あるから手が汚れるので、それが無くなったのはかなり大きい。

拭き掃除

K10+はクイックルワイパーをつけて拭き掃除も実はできる。専用の使い捨てワイパーがあり、買ったときにたくさんついてきたので、あまりにも使わないので適当に他の掃除に転用している。専用のワイパーでもクイックルワイパーでもよく外れるのでブラーバよりも使いにくい。また、バキュームのときと違って使いたいときに本体のボタンを押したり、アプリから起動ボタンを押したりするのではなく、いきなり本体をひっくり返す動作から始めるのがすごく違和感がある。やはりなんちゃってというかおまけ機能なのである。

で、どう?

ここ数年で最高の買い物。便利になりQOLが向上した。この3月まで毎日終電で帰って来るような仕事をしていたんだけど、K10+のお陰で床が気持ちの良い状態が保たれた。本当にありがたい。

ロボット掃除機買いたい人へのアドバイス

小型が欲しいならSwitchbot K10+一択。

通常サイズで良い場合、ルンバのiRobotはちょっと価格性能比で高めになりつつあり、ざっと見たところANKERやECOVACS、Switchbotあたりがフルラインナップで価格性能比的に良さげな大手メーカーになりつつあり、Xiaomiが価格破壊を仕掛けてるって印象がある。

XiaomiのS10は25000円でマッピング機能付き。マッピング機能はミドルレンジの機能で、今は大体4万円からの印象なのでだいぶ安い。ここが今後の基準ぽい。

戸建てでマッピングがどのように使えるかは要チェックらしい。うちはマンションのワンルームなのであとは各自よろしく。