QOLを上げていく掃除体制

QOL

全ての家事でQOL(生活の質)上げたいんですが、今回は掃除。ズボラなので、とにかく楽にきれいになって欲しいという思いでやってます。我が家では、基本となる掃除機は、ブラーバとマキタの充電式クリーナーの組み合わせになりました。 前提条件 一人暮らし…

日本の寄付税制はアメリカよりも約2.6倍おトク

日本でも寄付税制が米国並みに控除されればこのように成功者が月に行かずに自分達を育んだ公教育に還元してくれて税金を余り使わなくても国立大学に行けるかも。財務省も是非とも制度づくりに頑張って欲しいものである。 https://t.co/QV7pmWZCPj— Satoshi M…

あなたとJava 第一回 ホントは何十億のデバイスで使われてるの??

忙しすぎる人向け答え:約256億台(2017年)

今が激動の時代という嘘

今は”激動の時代/ドッグイヤー/先が見通せない”時代という言い方は溢れているんだけど、100年単位で見ると2018年の今は確実にそうじゃない方だと思う。iPhoneで再発明されたスマートフォンだって行き詰まりを見せてる。今起きているイベントを今評価するのは…

夏冬のQOL向上策「エアコン室外機の風向調整板」

QOL

賃貸の悩みの一つ、エアコン室外機がなぜか部屋の方を向いている*1、ですがそのまんまな名前の商品「風向調整板」を取り付けて解決。ベランダの蔦に水をやるために出るたび室外機の風で死にかけてたのがまったく無くなったし、冷暖房の効きも、室外機正面の…

夏のお布団スタイル

この夏、ベッドの上ではタオルケット&冷房かけっぱなしで過ごしてたんだけど、ちょっと肌寒くて試行錯誤した。 最終的にシーツの上にワッフル織りのタオルケットを載せ、その上にボディを差し込み、さらに上に肌触りが良くてちょっと厚めのタオルケットをか…

『勝間式 食事ハック』感想

この本、まったくオススメ出来ないです。ブログのほうがマシだし、半分は牽強付会な持論で埋め尽くされてる上に、残り半分もあまり良いメソッドやハックが載っているわけでもないので。最初の文が「もう食欲とデブへの恐れとの戦いはやめましょう(P.2)」な…

枝野幸男氏による不信任案趣旨弁明演説を読んだ

媒体は『緊急出版! 枝野幸男、魂の3時間大演説「安倍政権が不信任に足る7つの理由」』というハーバービジネスオンラインから出た本。 高校「政経*1」教科の政治当事者による集中講義って感じで、とても面白くかつよくまとまっていてオススメ。特に勧めたいの…

最近辞めてしまった習慣「ブログの記事一覧を眺める」

あ、いいな!と思ったブログがあったら記事一覧を眺めてガガッとブラウザのタブを開きまくって同時並行で読んでた。今でも読みに行くたびに複数更新があるブログだとそうするけど、初めて見つけたブログへのそういうムーブは、最近とんとしなくなってしまっ…

50歩100歩

kuma.hateblo.jp引っ越したのでこの公園にはもう行ってないんだけど、今は別の公園を出勤経路にしている。大きな公園という意味では同じカテゴリなのだが、設計思想が天と地ほど違うし、立地条件的にも地元と縁のある人しかいなかった前の公園と違い、観光客…

新聞を取り始めた

報道の1次ソースたる新聞を買わないといけないなと思って新聞を取り始めた。一時期ある種の「ネットで真実」の信奉者で、記者以外が発信できる時代に新聞って古いよねって感覚だったのだけど、ネットが当たり前になってみて分かったのは新聞社・通信社以上の…

台所の照明をLED化したらQOL上がった

QOL

賃貸の台所、備え付けの短い直管型蛍光灯がついてることが多いと思う。蛍光灯だと①「点灯までにタイムラグ」と②「チラつく」という欠点があって、LED化してみたら2点ともも解決して、一瞬で明かりが最高の状態で点くようになり、QOLが上がった。変えてみて分…

大晦日

ダルい記事がずっと上にあるのもまずいんではと思ったんでなんか書いとく。最近さらに書くことが減ったのは、熊生に新鮮さが薄れたのと、Twitterだろう。どっちもここ数年言ってたことじゃんなのだが、それぞれ少しづつ変わりつつあって、後者を先に書くと、…

ダルい日々が1-2ヶ月続く

一年に一回か二回程度、ダルさが1-2ヶ月間続くことがあって、今まさにそれ。年々期間が長くなってる気がする。今回は旅行に行って帰ってきたら長引く風邪を引いてしまい、そこからもうよくわからない。天候も温度の乱高下を繰り返してるし、他者のせいにした…

「政治は結果がすべて」なわきゃない

昨日、ネットで同時配信されてたNHKの選挙速報を見ていた。開票開始直後に大勢が判明し、各党へのインタビューが始まったのだが、そこで3人の政治家が「政治は結果がすべて」と言っていてびっくりした*1。小泉進次郎氏あたりも昔から言ってた気がするこのフ…

新聞Webサイトの政治カテゴリ記事の比較

調べてみたら載せている記事が全然違った。右派と左派で大きく異なり、右派は読売と産経しか調べてないけど、差が大きい一方、左派は比較的報じ方がどの新聞も似ていた。90年代に育った系としては、新聞ってそこまで報じるものに違いがないと思っていたから…

突然咲く花、じわじわ緑になる草

出勤経路の関係で、ほぼ毎日、そこそこ大きい公園を歩いている。冬の景色に全然変化がないぶん、春はすごく分かりやすく変化して面白かった。まず、2月の半ばか終わりくらいに、黄褐色のいかにも冬な草たちが、ほんの少し緑になる。最初は気のせいかと思って…

肌hack3

肌hackシリーズも3だ。 前回までのhackの要点 以下の2点にまとめられる。 皮脂を洗い流したらハンドクリームなどでフタをする 問題ない箇所にハンドクリームはむしろ問題を起こす 今回のhack 前回から時間が経ってもう少し詳しく分かったきたのと、問題が起…

制御可能である範囲

ようやく大人になったと思う。自分の足で立ててる実感がある。嫌なことをされたときに、その場で異議申し立てさえ出来る。制御可能な範囲が広がりきったという感覚で、ここからさらに広げたいとはもう思わない。ここがベストだなという感じ。というか、これ…

最近感じた現実でのSF感 12点

SF

2016年『SFだ』と思った、SF的想像力が刺激された事件ベスト10 - 見えない道場本舗 gryphonさんの記事をまねて、今年に限定せずに一気に書いてみた。順不同だけど基本的には時系列で最近のことを先にしました。 1. ポケモンGOで人の行動が変化したこと Pokém…

華の都にほしい歩行軌道占有権

世界最大の都市に暮らしているのだけど、世界最大な分、狭い道にたくさんの人、人、人って感じに人がいる。ボトルネックの場所なら世界中どこでもある混雑が、ボトルのネックだけじゃなくてボトル全域で混雑しているのが東京だ。毎日の通勤の苦痛は大都市な…

依頼している側なのに金の話をしない人間は全員地獄に落ちるべき

学生とか主婦(夫)とかの非社会人でいると仕事の話をしているのに金の話をしない卑怯者が巷にはたくさんいる(キュレーションのやつにプロなのでお金を払いなさい系のエントリとか見てもね)ので、そういう感じで来るヤツには「殺すぞ(社会的に)」てスタ…

超優秀だけど就活には失敗したんで✋

わたくし世界を股にかけるグローバルなOLな熊なのですけど、就活には失敗したんで恨みがあるんですよ。今でも"就活 死にたい"で検索してここのダイアリに来る人絶えないぐらい恨みのこもったエントリ書いたこともあるし。 ほいでな、就活エリートマジムカつ…

大学の良さについて(いわゆるFランも含めて)

日本の大学全体について、いわゆるFラン、低偏差値の大学は必要ないとかトップ校だけを残して集中させるべきとかって意見を結構見かける。これに対して統計的な反論として、いわゆる低偏差値の大学でも学力が向上するし意味あるよっていう話はSYNODOSかどっ…

Creative Commonsにおける「表示」ってめんどくさいけど、実際どうすればいいのか

id:wattoさんの自称「日本三大何とか」の三つめがうちの地元になぜか多い件または郷土愛は自己憐憫の形をとりがちなのだろうか? - しいたげられたしいたけという記事で、クリエイティブ・コモンズ(以下CC)がパブリックドメインと同じで表記なしで引用され…

あきらめの悪さ

ウチの業界に関しては、才能*1というものは結局あきらめの悪さだよねってことでFAぽいんだけど、これってぜーんぜん普遍的な話ではないと思うのだが、無理矢理一般化すると、その対象に対して諦め悪くなれる、ということがその分野の才能というあたりにはで…

中国は何回、北からの侵入で滅んだのか?

追記:なぜ悪の帝国は気候の厳しい北方で勃興するのか問題: 不倒城 この記事を見て、ビデオゲームヒストリーにおける中心地のひとつ、我が日本に多大な影響を与えた中国は、しょっちゅう北の異民族に滅ぼされてたイメージがあるなと思いだした。そして、じゃ…

漂白剤の選び方パート2

漂白剤の選び方 - ゆうれいパジャマ まさかのこの記事の続きだ。Utadaの『Automatic PartⅡ』をBGMにしながら読んでくれ。結論として汗の黄ばみにはハイター使えだったが情報が更新された。前回の記事で手に入らなかった粉末の酸素系漂白剤を手に入れた結果、…

人生に意味は無い

宇多田ヒカルの新曲『真夏の通り雨』が1曲ループして聞いてても全然飽きないのだが、2回目から涙が止まらず、曲も涙もひたすらループしていた。 人として魅力的でない人 ハフィントンポストにマックで働く人の種類のひとつとしてあげられていた。この言葉を…

SFファン交流会2016年3月例会 テーマ:イーガン世界を読み解く

●内容: 『クロックワーク・ロケット』を皮切りに、SF作家イーガンの宇宙SF三部作が開幕! ということで、その第一作目である『クロックワーク・ロケット』刊行を記念して、イーガンの描く世界を皆さまとともに楽しみたいと思います。 http://www.din.or.jp/…